ウルフアロンの付き人・堀川拓哉の経歴。練習相手、投げられ役で注目

ウルフアロン 付き人 堀川

東京オリンピックの柔道男子100kg級で
日本代表として出場している『ウルフアロン』選手。

 

アメリカ人の父を持つハーフですが
日本生まれ日本育ちの柔道家です。

 

今回は、柔道でも注目される
付き人の存在について
書いていきましょう。

ここに注目

●ウルフアロンの付き人、堀川拓哉の経歴は?
●練習相手、投げられ役で注目の付き人の仕事

 

以上のことをまとめていきます。

【スポンサードリンク】

ウルフアロンの付き人・堀川拓哉の経歴

ウルフアロン選手は
東海大学付属浦安高等学校を経て
東海大学に進学。

 

大学4年生だった2017年の
世界選手権で優勝、

グランドスラムでは2018年に優勝、
2019年、2021年には準優勝を
飾っています。

 

こんな素晴らしい成績を
支えているのが、付き人である
堀川拓哉さんの存在なんです。

 

堀川拓哉さんはウルフ選手の
東海大学の後輩にあたります。

 

柔道の付き人は練習相手の
役割が大きいのですが、
堀川さんは、ウルフ選手を
公私にわたって支える存在です。

 

世界で戦い、好成績を残す
ウルフ選手の練習相手となるのですから、
堀川さんの実力も伴っていないといけません。

 

堀川さんがこれまでどんな成績を
収めてきたのか調べてみましたが
あまり詳しい情報は出てきませんでした。

 

おそらく、堀川さんは

北海道出身で
幼少期は花柔会西野柔道少年団
高校は東海大学付属第四高等学校
に所属していたのではないか
と考えられます。

 

これらの所属先を記載された
大会成績などの情報がありました。

 

同一人物かは分かりませんが、
警視庁に所属し、柔道の大会に
出場している堀川拓哉さんも
いらっしゃいますね。

 

ウルフ選手の付き人を務める
堀川さんは、練習相手だけでなく
ウルフ選手のメンタルも支える役割も。

 

過去にテレビ番組で、ウルフ選手と
堀川さんの関係が放送された時には

試合前の練習でウルフ選手に堀川さんが
投げられまくると、終わった後に少し離れた位置から、
ウルフ選手にギリギリ聞こえる声で「マジ、強い」とこぼし、
ダメ押しで「先輩が一番練習しているから、絶対大丈夫」
と背中を押し、気持ちを乗せる

 

というエピソードが紹介されていました。

 

オリンピックを見ていると、
輝かしいメダルを獲った背景には、

弱気になったり、自信をなくしたり、
精神的に不安になったりした過去が
あったりします。

 

どれだけ勝負に強いとされていても
精神的な不安は誰にでもあるもの。

 

そこをどう乗り越えるかは
やはり周りのサポートが必要
なんですね。
 

【スポンサードリンク】

柔道では付き人が練習相手、投げられ役で注目

相撲には“付け人”という存在があり、
身の回りの世話をする
という関係性になっています。

 

相撲とは少し違うのが柔道の付き人。

 

東京オリンピックの出場選手の中でも、
女子57kg級で銅メダルを獲得した
芳田司選手は、

リオオリンピックでは田代未来選手の
付き人として同行していたことが
あります!

 

それを知ると、リオの次、東京では
芳田選手が代表として出場しているので
実力も兼ね備えた存在であることが
明らかですよね。

 

髙藤直寿の付き人

男子60kg級で金メダルを
獲得した髙藤選手の付き人は
伊丹直喜さん。

 

伊丹さん自身は大学時代まで
柔道家として活躍していました。

 

髙藤選手が所属するパーク24の
契約社員となり、“髙藤選手の付き人”
を仕事としています。

 

なかなか、付き人のみを仕事にしている
という方はほとんどいないので、
珍しいパターンですね。

 

年齢は伊丹さんの方が一つ上ですが
中学生から同じ学校で
高校時代から、伊丹さんの付き人を
髙藤選手が務めることもあったり、

双方向で付き人関係にあり
とっても長い付き合いなのです。

 

阿部一二三の付き人

兄妹金メダルを実現した
阿部一二三選手の付き人は
片倉弘貴さん。

 

日本体育大学での同期です。

 

大学卒業後、阿部選手はパーク24に
所属しているのですが、

大学時代から付き人を務めている
片倉さんも一緒にパーク24に所属できるよう、
交渉したとのこと。

 

そこまでして!と驚きましたが、
それぐらい必要な存在である
ことがわかりますね。

 

ウルフアロンの付き人・堀川拓哉の経歴まとめ

東京オリンピックの男子柔道100kg級
日本代表のウルフアロン選手。

強さの秘密には付き人、堀川拓哉さんの存在がある。

東海大学の後輩にあたり、
付き人として、練習相手はもちろん、
公私にわたってウルフ選手を支えている。

おそらく、北海道出身で、
東海大学附属第四高校出身。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です