ウルフアロンの父と兄弟【イケメン画像】英語は喋れない?

ウルフアロン 父

東京オリンピックの柔道100kg級の
日本代表『ウルフアロン』選手。

 

名前とお顔を見てわかるように、
ハーフで、お父さんがアメリカ人、
お母さんが日本人です。

 

ご家族は柔道に精通している方なのか?
など気になったので!

★ここに注目★
●ウルフアロンの父や兄弟の経歴は?
●イケメン画像が見たい!
●ハーフで英語は喋れるの?

 

以上のことをまとめていきましょう♪

【スポンサードリンク】

ウルフアロンの父と兄弟も柔道家?

 

ウルフアロン選手は
1996年2月25日生まれの
現在25歳です。

 

出身は東京都葛飾区新小岩。
お父さんはアメリカ人ですが、
日本で生まれ、日本で育った
国籍も日本の日本人!

 

身長181cmで柔道100kg級で
東京オリンピックで初めての
オリンピック日本代表に選出されました。

 

柔道家の方は両親や兄弟が柔道を
やっている、代々柔道家とかコーチとか
そんな方が多いイメージですが、

ウルフ選手のご両親が柔道家だった
という情報はありませんでした。

 

ウルフアロンの父は大学教員!

ウルフアロン選手のお父さんは
ウルフジェームスさん。

 

かなり身体が大きく、背が高い?

 

ウルフ選手のお母さんと
ウルフ選手の恩師の方が
身長170cmあったとしても、
190cm近くありそうな。

 

お父さんのお顔を見ると、
とっても優しそうです♪

 

お父さんは、
駒澤大学のグローバル・メディア・スタディーズ学部
グローバル・メディア学科の教員
として働いておられます。

 

こちらの学科には

実践的な英語力を磨き、グローバルに流通する情報の本質と、
情報を伝えるメディアの役割を学びませんか。

と書かれていました。

 

あまり専門的な学科ではなく
将来に向けて世界中で幅広い分野で
活躍できるような多角的な視点で
学べる学科のようです。

 

ウルフアロンの兄弟

ウルフアロン選手は三兄弟の
真ん中です!

 

長男はウルフアイザックさん。
1994年生まれ。

 

軟式野球チームのA-yan’s(えーやんず?)
に所属しています。

 

チームのメンバー紹介の
ページはこちら

 

助っ人外国人と紹介されていたので
活発に参加しているわけではなさそう?

 

スポーツ専門サイトで
ウルフ選手が紹介されていた時には、
お兄さんのアイザックさんは
立教大学異文化コミュニケーション学部
に通っていたことが書かれていました。

 

弟はウルフシェインさんで
1999年生まれ。

 

現在早稲田大学の文学部
在学中です。

 

河合塾のサイトで
勉強グッズの紹介ページ
登場していました♪

 

お兄さんのアイザックさんも、
弟のシェインさんも
柔道はされていないとのことですが、

お父さんの体格が良いので、
三兄弟みんな大きそうですよね〜

 

ウルフ選手は柔道での進学ではありますが
東海大学出身ですし、

三兄弟それぞれ大学に進学しているのは
教育者のお父さんの影響でしょうか?

 

ウルフ選手は小学校、中学校と
勉強は学年でトップクラスだった
そうなので、まさに文武両道!

 

親が先生となると、やはりそれなりに
厳しい家庭だったんじゃないかなーと
思いました。

 

ウルフアロンは英語を喋れない?

ウルフ選手は、アメリカとのハーフ
ですが、日本生まれ日本育ち。

 

みなさんは気付かれましたか?

 

名前がアロン・ウルフではないんですよ。

 

英語表記だったら
Aaron Phillip Wolf
となるそうですが、
ウルフアロン。

 

日本の姓名の順番にしているんです。

 

生まれた時から日本だから
日本に合わせた順番になっている
そうですよ♪

 

そして、ハーフだから英語もペラペラ、
家ではお父さんとは英語、
お母さんとは日本語で喋って
2ヶ国語が飛び交っている!

なんていう状況を想像したのですが
ウルフ選手は英語は苦手なんですって!

 

英語はもちろん喋れた方が
良いと思いますが、
日本人としては親近感が湧きます(笑)

【スポンサードリンク】

ウルフアロンの経歴

ウルフ選手は小学1年生の時に
柔道を始めました。

 

始めたきっかけはやはり幼い頃から
体格が大きかったことで親戚に
勧められたから。

 

しかし、中学生まではあまり
良い成績は残せなかったんです。

 

中学3年生の時の関東大会で
2位になったことで、いくつかの
高校からも声がかかるようになり、
東海大学付属浦安高校に進学。

 

そして、高校入学後は
高校選手権やインターハイで
数々の優勝を収め、東海大学へ。

 

現在は、了徳寺学園に職員として所属し、
東海大学のコーチもやっているんですね。

 

教える側でありながら、
選手としても日々目標のために
努力する。

 

100kg級や100kg超級などで
戦う子供たちや若い選手に
刺激を与えられるような素晴らしい戦いを
東京オリンピックで期待しています!

 

ウルフアロンの父と兄弟まとめ

東京オリンピック柔道100kg級の日本代表
ウルフアロン選手は、お父さんがアメリカ人の
ハーフだが、日本生まれの日本育ち。

英語は苦手(笑)

お父さんは駒澤大学の教員、
ウルフ選手は三兄弟の真ん中。

立教大学出身の兄と、早稲田大学在学中の弟
がいる。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です