あいみょんのアルバム憎まれっ子世に憚るの全曲感想!歌詞の意味は?

あいみょん 憎まれっ子世に憚る

あいみょんのインディーズで
リリースされた2ndアルバム
憎まれっ子世に憚る』。

 

曲のタイトルを見た時に
どんな曲なのか、気になる
タイトルが多いなと感じました。

 

聴いてみると、めちゃめちゃ
素直な、あいみょんらしい
歌詞がたくさん並んでいました!

 

【スポンサードリンク】

 

 

あいみょんのアルバム憎まれっ子世に憚るの全曲感想と歌詞の意味

憎まれっ子世に憚るに
ついてあいみょんは
長崎の名物料理、
トルコライスに例えています。

 

トンカツ、ピラフ、ナポリタンが
一皿に乗った全部がメインディッシュに
なる料理です。

 

アルバムの中の曲、全部が
メインディッシュだと
言えるほどの出来ってことかな?

 

1stインディーズアルバムの
tamagoの時も、一曲目が
貴方解剖純愛歌で、“死”
という言葉が出てくるので、

2作品続けて、結構攻めた
アルバム作りをしてるん
だなーと思いました。

 

憎まれっ子世に憚るという
本来の意味も、憎まれている
人間ほど世間では威勢を振るう
ということなので、

オンエアNGになった
貴方解剖純愛歌と繋がって
批判を受け入れて人と違う
ことをしていくっていう
新たなあいみょんの覚悟
みたいなものもあるのかな
と思いますね。

 

 

1.どうせ死ぬなら

遺言をテーマに書いた
曲ですが、冒頭から

どうせ死ぬなら
二度寝で死にたいわ
父ちゃんと母ちゃんに挟まれて

と何となくほっこり
するような、ちょっと
クスっと笑いたくなる、

実際に想像してみると
そうやって死ねたら幸せ
やろなーって納得できちゃうん
ですよね。

 

でもね、父ちゃんと母ちゃんに
挟まれてというところで
親よりも先に死ぬということを
表しているので、深読みすると
かなり辛い曲ですね。

 

全体の歌詞としては
あいみょんの芸術の
好みがふんだんに取り入れ
られているので、これを
自分だったら…と置き換えて
自分オリジナルの歌詞を
考えてみるのもおもしろいかな
と思いました!

 

ゲルニカはピカソの
有名な絵画。

 

これは学生時代に模写した
記憶があります(笑)

 

ジョンレノンのあの曲
何だろう?

 

Imagine?
あいみょんのことだから
ジョンレノンの曲の中でも
マイナーな曲だったりするのかも
しれませんね?

 

太宰治のあの言葉は…
文学にほとんど興味のない
私にとっては何も思い浮かばない
んですけど、

卒塔婆に単純に人間失格って
書いてたら何となくかっこいい
気がする(笑)

 

メーソンクーリーはアメリカの
警句家だそうです。

 

「それも、いいじゃないか」は、
おもしろい人生のスローガン

というのがかなり有名な
言葉みたいですね。

 

 

2.19歳になりたくない

この辺りから、学生時代とか
思春期に考えるようなこと、
誰もが考えるような複雑な
時期の気持ちを歌にしている
ような印象です。

 

でも、大人になりたくない、
じゃなくて、19歳になりたく
ないって独特なのかな?
と思いました。

 

19歳って高校を卒業して
ちょっと大人への階段を
登る年齢でもあり、
でも、まだ未成年、大人と
言われる20歳の手前なので

もしかしたら一番複雑な
時期なのかもしれないですね?

 

あいみょん自身が、高校を卒業してから
周りは大学に進学したりしていて
さて自分はどうしよう?と
葛藤していた時期だとインタビューで
言っていたこともあるので、

その時の気持ちが込められて
いるのかなと思いました。

 

【スポンサードリンク】

 

 

3.好きって言ってよ

男女の三角関係を
描いた曲ですが、
男性に浮気されて
浮気相手の女性をめちゃめちゃ
憎んでいる表現が出てきます。

 

彼を返して
彼をとった罰が降りる

とか。

 

でも、真夜中に会いに行って、
私が彼に抱きついたら
彼は泣いている。

 

やっぱり私のこと好きなんでしょう?
後悔してるよね きっと

この辺りから歌詞のメッセージは
彼に向かっていますね。

 

そしてついに

あなたが悪い

と。

 

包丁の切れ味が良いとか
死体が二つにならないといいね
とか、彼に対する愛情表現が
度を超えているのがわかりますね。

 

女って怖い。
そう思える曲です(笑)

 

 

4.泥だんごの天才いたよね

この曲は電車でたまたま見かけた
小学生くらいの女の子が
チュッパチャプスを舐めながら
足組んでいる姿から出てきた
曲とのこと。

 

前奏が始まった時は
このアルバムでようやく
明るい感じの曲が出てきたな
と思いましたが、

じっくり歌詞を読んでいると
世間に物申す的な、
考えさせられるような
言葉がたくさん出てきますね。

 

若いうちに教えてあげられること
伝えて欲しい

目をそらさずに 決して怒らずに
声をかけてあげよう

大人に対するメッセージ。

 

あいみょんは、きっとあいみょんが
もっと歳を重ねた時、若者に対して
伝えたいことを曲を通して
伝えていくんだろうなー

 

 

5.おっぱい

ストレートでどんなことを
曲にしているのか気になる一曲。

 

思春期の女子のことを
見事に表している曲で、

個人的には、スポブラが
蒸れるし透けるしいらないよこれ
というところで、そういえば自分も
言ってたかも、と思い出しました(笑)

 

女子だけじゃなく、
あの子はでかいとか小さいとか
変なあだ名がつくとか、
男子側の思春期の心情も
うまく書いてますよね。

 

女子だけの曲じゃないし、
お母さん、お父さんが思い当たる
様子も出てくるし、おっぱいだけで
こんなに周りが変わるのか、と
思いました(笑)

 

 

6.私に彼氏ができない理由

めっちゃ素直な曲ですよね(笑)

 

クリスマスがあってバレンタインが
あって、季節的に人肌恋しくなる時に
絶対みんな、一回はこういうこと
思ったことありますよね?

 

曲調が明るいので、
開き直りながら聴けそうな(笑)

 

まぁ、別に彼氏がいなくてもいいか!
と思えたり…しない?

 

 

7.ほろ酔い

これはあいみょんが作りたかった
曲なのかなと思いました。

 

フォーク調で、あいみょんが
影響を受けている、
尾崎豊さんや河島英五さん
っぽい雰囲気が出ている気がして。

 

サビのところなんか、本当に
10代の子が歌ってるの?
作ったの?と思ってしまうぐらい
味があって、気持ちがこもってて。

 

お酒も飲めない年齢に作れる
歌じゃないだろうと思います(笑)

 

完全に男性目線の歌なので
こういうところに共感を得て
ファンになっている方も多い
でしょうね!

 

 

憎まれっ子世に憚るの曲は
そんなに明るい曲が多いわけでは
なく、一曲一曲のメッセージ性が
すごく強いのでじっくり聴きたい
アルバムだなと感じました!

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です