あいみょんが影響を受けたアーティストや曲は?|関ジャム9月13日

あいみょん 影響受けたアーティスト

2020年9月13日放送の
関ジャムで『あいみょん』の
人生に影響を与えた曲BEST5
が紹介されました。

 

あいみょんがリスペクトするアーティストにはスピッツや
浜田省吾さん、小沢健二さんなど
これまでにはたくさん話しているのは
見たり聞いたりしてきましたが、

いつどんなタイミングで
どんな曲と出会ってそれが
あいみょんにどんな影響を
与えたのか?

 

あいみょん人生BEST5を
まとめていきます!

【スポンサードリンク】

あいみょんが影響を受けたアーティストや曲は?

 

2020年9月13日の関ジャムでは
音楽プロデューサーの本間昭光さん、
あいみょんの楽曲の編曲を数多く
手がけてきた関口シンゴさん、そして
あいみょんがゲストに迎えられました。

 

今回繰り広げられたトークでは
家族の話が本当にたくさん
出てきましたね!

 

特にお父さんの影響をかなり
受けているんです。

 

 

満月の夕/ソウル・フラワー・ユニオン

あいみょんが小学1年生の時の
思い出の曲。

 

趣味で音楽をやっていたお父さんが
よく歌っていた曲として紹介されました。

 

あいみょんは子供の時に
これはお父さんの歌だと
思っていたそうです(笑)

 

この曲は1995年1月17日の
阪神淡路大震災を歌った曲です。

 

あいみょんはこの震災の
2ヶ月後に生まれました。

 

お父さんから震災の話は
直接聞いたことはないけれど、
この歌を歌いながらあいみょんに
伝えていたんでしょうね。

 

あいみょん自身も毎年1月17日には
この曲を弾き語りしているんだそう。

 

こちらの曲には三線が使われていて
とても沖縄音楽っぽく仕上げられています。

 

そういう曲になったのには
震災当時の状況が大きく
関係しています。

 

ソウル・フラワー・ユニオンは
震災後に慰問ライブを行って
いました。

 

そこではライフラインがまだ
整っていないところが多かったため
電気を使わない楽器、三線や
アコーディオン、太鼓などを使った
ことでこういうテイストになったんですね。

 

この曲の解説の中であいみょんの
お父さんの親戚が沖縄にルーツがある、
おばあちゃんが喜界島出身、ということも
話していましたね。

 

その影響で幼少期からあいみょん自身も
沖縄音楽を聴いて育ちました。

 

 

チキンライス/浜田雅功と槇原敬之

あいみょんが小学4年生の時の
思い出の曲は“平成の神曲”
とまで言ってしまうほどの名曲。

 

6人兄弟で大家族だったあいみょん家。

 

子育ても大変だったと思いますが、
よく家族で出かけていたそうです。

 

その帰りの車の中で流れていたのが
チキンライスでした。

 

「この歌詞の意味は大人になったらわかる」
とお父さんに言われ、
本当に年を重ねるごとに歌詞の意味が
わかり、親孝行をしたいと思うように
なったんだとか。

 

 

春の歌/スピッツ

来ましたね!スピッツ!

 

あいみょんが小学5年生
の時の曲です。

 

私もこの曲はスピッツの曲で
好きな曲トップ10には入る
大好きな曲。

 

あいみょん、まだ小学生やったのか、
というのも衝撃を感じつつ…

 

この曲でマサムネさんの声を聴いて
この男性の声が好き!と思ったんだそう。

 

この時には話していなかったですが、
スピッツの存在を知って、お父さんの
CD部屋(あいみょん曰く、TSUTAYA)で
CDを漁って出てきたのがスピッツの
アルバム“ハチミツ”や“空の飛び方”
だったんですよね。

 

この時からあいみょんはマサムネさんを
神様だと崇めています。

 

マサムネさんの歌詞は辻褄が
合わない夢の中の話のよう
だと表現していました。

 

だからこそどんどん想像がしたくなって
これまで歌詞については多くを語らない
マサムネさんですが、これからもそうで
あってほしい、聞きたくないとあいみょんは
ファンとして、語っていましたね。

 

 

鍵穴/平井堅

スピッツの春の歌と同じ時期に
よく聴いていたのがこの曲。

 

ここで出てくるのはお母さんの話。

 

お母さんは家の掃除をする時には
家のドアや窓を全開にして
平井堅さんのアルバム
“SENTIMENTALovers”を
聴いていたんだそう。

 

だから、このアルバムを聴くと
掃除を思い出すというあいみょん(笑)

 

そのアルバムに収録されているのが
鍵穴で、この歌詞がめちゃめちゃ
大人な歌詞なんですよね(笑)

 

子供の時はわからないけど、
段々と意味がわかってきて
大人になれば、この歌詞の
比喩表現のおしゃれさに
衝撃を受けたということで、

現在のあいみょんの歌詞作りに
かなり影響を受けてるんですよね。

【スポンサードリンク】

恋とマシンガン/フリッパーズ・ギター

高校1年生でどハマりした曲。

アートワークからMVのおしゃれさまで
あいみょんにとっては完璧な作品
でした。

 

小沢健二さんのアルバム“LIFE”を
ヤフオクで落として手に入れて
聴いていたら、お父さんのTSUTAYA部屋
でも同じアルバムを発見して、
それがとても嬉しかったんだそうです♪

 

あいみょんが影響を受けている
部分としてはタイトルの付け方で、

漢字+カタカナという組み合わせを
あいみょんが気に入っていて、アルバム
タイトルなどにしているのは、
小沢健二さんから来ているのではないか
とのことです。

 

 

番外編

BEST5に入らなかったけど
あいみょんに影響を与えた曲に

初恋/浜田省吾
The Girl Mine/マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー
第三惑星交響曲/石崎ひゅーい
キューティーハニー/倖田來未

 

初恋は、ボブディランやジャクソンブラウン
などの名前が歌詞に出てきたことが
きっかけで、洋楽アーティストを聴き始めました。

 

そして、元々一番聴いていた
マイケルジャクソンがポールマッカートニー
とコラボして、そこからビートルズを知ったとのこと。

 

このどんどん繋がっていく感じ、
わかりますよね!

 

私も自分が好きなアーティストから
すごく音楽が広がっていくもん。

 

どんどん広がって色々な音楽に
出会える喜びを感じるのが
また幸せで。

 

今回またあいみょんの音楽人生を
語る上で欠かせない曲を知ったことで
初めて聴いた曲もあったし、
自分の中で音楽の世界が広がるのが
すごく嬉しいですね。

 

 

あいみょんが影響を受けたアーティストや曲まとめ

・小学1年生でソウル・フラワー・ユニオンの満月の夕、
小学4年生で浜田雅功と槇原敬之のチキンライス、
小学5年生でスピッツの春の歌と平井堅の鍵穴、
高校1年生でフリッパーズ・ギターの恋とマシンガン

 

あいみょんが作る音楽の歌詞やタイトル、
歌い方まで、これらの曲が大きな影響を
与えている。

 

【スポンサードリンク】