あいみょんのおいしいパスタがあると聞いてのおすすめ&人気曲は?

あいみょん おいしいパスタがあると聞いて 人気曲

2020年9月9日(水)に発売された
あいみょんの3rdアルバム
おいしいパスタがあると聞いて』。

 

2ndアルバムの“瞬間的シックスセンス”
から1年7ヶ月ぶりのアルバムなので、
ファンは待ち望んでいたことでしょう!

 

ドラマや映画の主題歌になった
曲もたくさん収録されていますし
多くの方にとって、聴きやすい
アルバムになっているのでは?

 

今回は

私があいみょんの“おいしいパスタが
あると聞いて”を全曲聴いてみた感想
を中心に、おすすめ曲や人気曲について

書いていきます!

【スポンサードリンク】

あいみょんのおいしいパスタがあると聞いての全曲感想!

 

まず、アルバムタイトルが謎
ですよね(笑)

 

意味については別の記事
まとめているのでそちらで
チェックしてみてください!

 

今回のアルバムに収録されている
楽曲はほとんどが2017〜2018年に
作られた曲なんだそうです。

 

2017〜2018年は
まさにあいみょんが大ブレイク
した頃でもあり、当時のあいみょんの
ブレイクして感じた葛藤や気持ちを
表している曲が多いです。

 

それらの曲を今リリースする意味
というのも感慨深いものがあるし
今は作れないけど、今リリースしたい曲
というのがあいみょんの強い色々な
想いが込められているんだろうなと
思いますね。

 

では、おいしいパスタがあると聞いて
に収録されている曲について、
個人的な感想を書いていきます!

 

 

1.黄昏にバカ話をしたあの日を思い出す時を

この曲はまさにあいみょんが
ブレイクした頃の葛藤を歌っている
曲です。

 

【余裕のある人はかっこいい
でも余裕のない人生は燃える

そうやって自分を奮い立たせることも
負けず嫌いも生まれつき】

 

この部分がすごく素直に
気持ちを表しているなと
思いました。

 

金と鐘という同音異義語が
歌詞を見て、納得。

 

2.ハルノヒ

2019年に発売された7枚目の
シングルで、映画“クレヨン
しんちゃん”の主題歌になりました。

 

書き下ろしということで、
クレヨンしんちゃんに登場する
具体的な地名や風景が表現
されています。

 

ひろしのみさえへのプロポーズが
題材になっていて、
家族の愛や家族になっていく
様子を書いた歌詞がとてもわかり
やすい、幸せになれる曲ですね♪

 

3.シガレット

あいみょんって、大人な恋愛への
憧れみたいなものを書いている
恋愛曲も多いですよね。

 

その表現の一つとして
タバコとかシガレットが
出てくるのが多いような。

 

“ふたりの世界”でも、
「まだタバコは吸わないで」
という歌詞がありました。

 

好きな人のことを思い出す時に
匂いとか香りとかはやはり印象、
イメージが残りやすいからかな。

 

4.さよならの今日に

2020年2月にあいみょんの
初の配信シングルとして
リリースされた曲です。

 

日本テレビの“news zero”の
エンディングテーマとして
書き下ろされたもので、

個人的には、あいみょんの曲の
中ではかなり落ち着いた雰囲気の、
良い意味で当たり障りのない感じ
という印象です。

 

この曲は2020年2月に行われた
ツアーで披露されて、私も実際に
そのツアーの中で初めて聴いたん
ですけど、その時は「ふーん」ぐらいな
感じだったんですよね(笑)

 

でも今回のアルバムで聴いた時に
アルバムの中でここで一旦落ち着く
感じがしました。

 

テレビでもほぼ毎日流れる曲だからこそ
癖のない、

でも今日という日をどう過ごして、
今日あったことには簡単にはさよならできない
けど、それを持って明日をどう乗り越えるか
というすごくメッセージ性の強い歌詞が特徴
ですよね。

 

5.朝陽

この曲はアルバム発売前に
先行配信としてリリースされ、
MVも公開されました。

 

個人的にはこの曲がこのアルバムの
中で一番好きですね。

 

アルバム発売前にラジオからも
よくかかっていて、耳馴染みが
すごく良かったのと

ラップ調のメロディーが
歌っていてすごく楽しそう。

 

「痛い」と「〜したい」、「度胸」と「故郷」
などの韻を踏んでいるのが楽しい。

 

でも歌詞はめちゃめちゃ切ない…
繰り返している言葉が多いのも、
どうしようもない気持ちをぶつけている
のを表しているのかな、と思いました。

 

6.裸の心

2020年6月にリリースされた
10枚目のシングル。

 

ドラマ“私の家政婦ナギサさん”
の主題歌に起用されました。

 

これまでのタイアップは
書き下ろしが多かったんですが、

裸の心は元々リリース予定だった
曲で、ノンタイアップの予定が
主題歌の話が来て、ドラマ側に
気に入ってもらえたという曲。

 

普通に書き下ろしなのかな
と思うほど、ナギサさんと
メイちゃんにピッタリでしたよね?

 

二人が歩み寄っていく感じが
エンディングに流れることで
どんどんハマっていって。

 

個人的には最近のあいみょんの
シングル曲の中で2018年の
“今夜このまま”以来、ハマった
曲かもしれません!

 

イントロの音も気になりますよね。

 

人によって、

心音?鼓動?水滴が落ちる音?
トントン?コンコン?

と受け取り方は様々。

 

私は鼓動かな、と思ったんですが
ちょっとゆっくり過ぎる?と思ったり。

 

でも聴いているとすごく落ち着く音
ですよね。

 

ウッドブロックを響かせたような
感じで音を作ってるのかな?

 

7.マシマロ

アルバム発売日にMVも公開され、
とんだ林蘭さんによる作品で、
全編コラージュが今までのあいみょんの
MVにはないかわいさが全面に押し出されて
いるような。

 

でも歌詞自体は非常にエロティック。
これこそあいみょん!という世界ですよね。

 

はい、マシマロはおっぱいを意味しています。

 

そんな歌詞をこんなにかわいく、
リズミカルに仕上げられるのが
すごい。

 

アレンジがトオミヨウさんなんですよね。

 

ら、のはなしや夢追いベンガルを
担当したアレンジャーさんなので
こういう曲になるのも納得だし、
トオミさんの良さがまたこの曲でも
再確認できたなと思いました。

 

8.空の青さを知る人よ

2019年にリリースされた
9枚目のシングルです。

 

アニメ映画“空の青さを知る人よ”
の主題歌ですね。

 

私はこの映画を見ていないので
わからないのですが、登場人物の
しんのの目線で書かれた曲なんだ
そうですよ。

 

個人的にはサビの広がり方が
すごく好きで、歌詞は想像を
掻き立てられて、タイアップだから
こその景色が思い浮かぶような
言葉がたくさん散りばめられている
なと思います。

 

9.真夏の夜の匂いがする

ドラマ“Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜”
の主題歌でしたね。

 

この曲の解釈については
過去の記事でまとめています。

 

今回のアルバムが1年7ヶ月ぶり
ということですが、その間にタイアップ
などでリリースされたのが配信も
含めて5作品あり、

真夏の夜の匂いがするは
1年前の作品なので、
まだアルバムに収録されていなかった
のか!と思うほど前の作品のように
思いました。

 

あいみょんの作品としては
少しテイストの違った印象が
あったので、久しぶりに聴いても
ちょっと新鮮さがありますね。

 

10.ポプリの葉

個人的にこの曲はこのアルバムの
中であまり印象に残らない曲
というか、そんなに短い曲じゃない
のに、他の曲に比べてめちゃめちゃ
短く感じるんですよね。

 

あまり抑揚がないからかな?

 

でも歌詞はめちゃめちゃあいみょん
らしい。

というのもやはり、香りを
歌っているから!

 

これはあいみょんの経験を元に
書いているので、やっぱり
あいみょんは恋愛と香りが
すごく結びついているんですね。

 

11.チカ

インディーズでリリースした
アルバムに収録されている
“〇〇ちゃん”と同じような
位置付けで書いたというチカ。

 

人魚姫をイメージしていて
そこから魚の種類でもある
チカというタイトルを付けたんだそう。

 

そんな魚がいたんだ…

 

イントロの「Ah〜Ah〜」が
“満月の夜なら”のアウトロと
似ていて、個人的に満月の夜なら
が大好きなので、

最初に聴いた時にすごく
好きになりそう!と思った
曲でした(笑)

 

ラップ調の韻を踏んだ歌詞もあって
やっぱり私、あいみょんのこういう
曲が好きなんだなーと再確認。

 

12.そんな風に生きている

アルバムの最初と最後の曲は
最初から決まっていたとのこと。

 

内容は1曲の「黄昏に〜」と同じような
心情を歌っています。

 

でも、こっちの方が、
ドロドロしているというか、
ひねくれているというか、

それでまた1曲目に戻ると
ちょっと前向きな感じがするのが
アルバムのストーリー?になっている
ような気がして、おもしろいなー
と思いました。

【スポンサードリンク】

あいみょんのおいしいパスタがあると聞いてのおすすめ曲は?

完全に私の好みですが、
おすすめはまずは裸の心
かな。

 

あいみょんにとって、初の
バラードシングルということも
あって、あいみょん自身の気合いの
入れ方も違ったみたいで。

 

レコーディングをやり直した
んだそう。

 

ハンドマイクで跪きながら感情を
すごく込めて歌ったという
エピソードがあります。

 

どの曲もそうですが、
テレビで歌ったりする時には
大体1番と大サビだけが聴かれる
ことが多いけど、2番の歌詞には
思い入れが強かったりするものが
多いんだそうです。

 

裸の心は特に2番の歌詞が
あいみょんもお気に入りとのこと
なので、ぜひフルコーラスで
聴いて欲しい曲ですね。

 

そう言われて聴いてみると
この曲には2番の歌詞で、
より主人公の気持ちの強さ
とか裸の心というタイトルの意味が
わかる気がしました。

 

もう一曲のおすすめ曲は
朝陽です。

 

イントロの、バラード?
と思わせるギターのフレーズ
からのポップな局長のギャップが
好き!

 

全曲感想でも書きましたが、
韻を踏みまくってる歌詞が
楽しいけど、歌詞自体は切なさ
があったり、

期待を裏切られた時のぎゅっと
締め付けられるような感情が
「わかるー!」ってなります(笑)

 

人気曲は?

アルバム発売日にMVが公開された
こともあってか、巷ではマシマロ
すごく人気な気がしますね。

 

エロイ曲なんだけど、そう感じない
ポップでかわいい曲。

 

一番あいみょんらしい世界観
だからというのもあるのかも
しれません!

 

普通に聴いているだけでは
ポップな楽しい曲なんですが、
歌詞を深読みしていけばいくほど
想像力が掻き立てられる、そんな曲。

 

あいみょんの世界に染まりたい方は
ぜひマシマロを!

 

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です