牧野富太郎(朝ドラ)の子供の人数は13人!子孫(ひ孫)の現在も

牧野富太郎 子供 人数

2023年度前期の朝の連続テレビ小説は『らんまん』

神木隆之介さんが植物学者・槙野万太郎を演じ、その妻・寿恵子を浜辺美波さんが務めることが決定しました!

モデルとなっているのは、日本の植物学の父と呼ばれた「牧野富太郎」さん。

 

この記事では、

  • 牧野富太郎(朝ドラ)の子供の人数は13人!
  • 牧野富太郎(朝ドラ)の子孫(ひ孫)の現在は?

と言うことで調べてみたので、まとめていきます!

【スポンサードリンク】

 

牧野富太郎(朝ドラ)の子供の人数は13人!

 

日本の植物学の父と呼ばれた牧野富太郎氏は、1862年5月22日に生まれ、1957年1月18日、94歳で亡くなりました。

当時としては、かなりの大往生ですね!

牧野富太郎氏が名付けた植物は1,500種類以上にもなるんだとか。

幼い頃から植物採集に明け暮れ、小学校も2年で中退してしまうほど…

家業は造り酒屋でしたが、そちらの跡を継ぐこともなく、植物学の道に突き進んだようですね。

そんな牧野富太郎氏を支えた妻の存在もそれはそれは注目せざるを得ません。

研究にお金を注ぎ込むあまり、貧乏な生活ではありながらも家庭を守った妻・寿恵子さん。

寿恵子さんは54歳で亡くなってしまうのですが、育てた子供は三男四女の7人
13人の子供ができたとのことですが、成長したのは7人だったそうで、流産や死産を経験されたんでしょうね…)

寿恵子さんは、富太郎氏の才能に誇りを持っていたため、子供たちには「わが家の貧乏は世間で言う貧乏とは違います。学問のための貧乏だから恥ずかしいと思わないように」と言って聞かせていたのだとか…

献身的とはまさにこう言うことですよね…頭が下がります^^;

 

牧野富太郎(朝ドラ)の子孫(ひ孫)の現在も

牧野富太郎氏には7人の子供がいたと言うことで、その子孫にも注目。

ネット上で出てきた子孫は、富太郎氏のひ孫にあたる方で、

富太郎氏の次女・鶴代さんの孫にあたる、牧野一おきさん
富太郎氏の四女・玉代さんの孫にあたる、岩佐吉晃さん 

のお二人。

 

牧野一おきさんは、牧野記念庭園記念館の代表兼学芸員を務めており、J:COMの対談番組にも出演しされていました。

練馬人図鑑

一おきさんは、実際に、富太郎氏とは5歳頃までは一緒に住んでいたんだとか!
祖母の鶴代さんが、晩年の富太郎氏の世話をしていたと言うことなので、朝ドラでも鶴代さんを演じる方がポイントにもなるかもしれませんね^^

 

岩佐吉晃さんについては、富太郎氏の出身地である高知県にある、高知県立牧野植物園を訪れた時のことがFacebookで紹介されていました。

 

朝ドラでは、富太郎氏の波乱万丈の生涯をフィクションとして描くとのことなので、子供に関する描き方はどうなるのかはわかりませんが、浜辺美波さん演じる寿恵子は、

植物研究に金をつぎ込む夫のために、あの手この手で苦しい家計をやりくりし、最終的にはあっと驚く方法で家族を救う。万太郎や子どもたちと、貧しくも楽しく明るい家庭を築く。

 

と言うふうに紹介されていたので、子供たちがたくさん出てくることは間違いなさそうですね^^

 

まとめ:牧野富太郎(朝ドラ)の子供の人数は13人!子孫(ひ孫)の現在も

2023年前期の朝の連続テレビ小説で描かれるのは、植物学の父・牧野富太郎氏。

富太郎氏は子供を7人もうけ、貧乏な生活ながらも、妻・寿恵子に支えにより、研究に没頭していました。

牧野記念庭園記念館の代表兼学芸員を務めている牧野一おきさんは、富太郎氏のひ孫(次女の孫)にあたる子孫です。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。