マリーヌ・ルペンの結婚歴や現在と子供…娘も政治家なの?

マリーヌ・ルペン 結婚

2022年のフランス大統領選挙で現職のマクロン大統領と接戦になっているマリーヌ・ルペン氏

マリーヌ・ルペン氏は、国民連合(旧国民戦線)の創始者であり、初代党首のジャン=マリー・ル・ペンの娘でもあります!

2017年のフランス大統領選挙でも、決選投票に残りましたが、当時はマクロン大統領に敗れてしまいました。
さて、2022年の決選投票ではどんな結果が待ち受けているでしょうか?

 

今回はマリーヌ・ルペン氏がどんな方なのかが気になったので、

マリーヌ・ルペン氏は結婚はしているのか?
現在の夫は?
娘も政治家なのか?

これを調べて書いていきたいと思います!

 

マリーヌ・ルペンの結婚歴

 

マリーヌ・ルペン氏は、1968年8月5日生まれの現在53歳です。

国民戦線(現国民連合)の創始者で初代党首のジャン=マリー・ル・ペン氏の三女として生まれました。

日本ではまだ女性の首相は誕生していませんが、世界では、こうやって国の第一線で活躍する強い女性はとってもかっこいいですね!

そんな女性の夫ってどんな人なのか?と気になったので、マリーヌ・ルペン氏の結婚歴などを調べてみました。

 

マリーヌ・ルペン氏は1995年、国民戦線で働いていた経営幹部フランク・シャフロイ氏と結婚しました。

シャフロイとの間に子供が3人(ジョアン、ルイ、マチルダ)がいます。

しかし、2000年にシャフロイ氏とは離婚

 

2002年に元国務長官であり、国民戦線の地方選挙事務局長だったエリック・ロリオ氏と結婚しますが、2006年に離婚しています。

 

1度目が結婚をしてから3年で離婚して、2度目が結婚して4年で離婚しています。

2回とも数年で離婚していることを考えたら、同じパートナーとずっと夫婦生活をするのは難しい
性格かもしれません。

 

マリーヌ・ルペンの現在の夫は?

過去に2回、離婚を経験しているマリーヌ・ルペンですが、現在の夫は誰なのか?関係はどうなのか?調べてみました。

1度目の結婚相手である、フランク・シャフロイ氏は国民戦線に肩入れした企業幹部
2度目の結婚相手である、エリック・ロリオ氏は国民戦線の地方選挙事務長ということで、

2回とも結婚相手が国民戦線の関係者ばっかりですね!

 

2度も結婚に失敗したので、もう結婚はしないだろう、特に国民戦線の男は撰ばないと思っていましたが、実は結婚はしていないのですが、同居しているパートナーがいます。

しかも、今回選んだ方も国民戦線でした!

パートナーとして選ばれたのは、国民戦線で副党首をつとめるルイ・アリオ氏です。

2009年から同居中で、2010年には家を購入しているのですが、結婚はしていないんですよね。

それで、10年以上関係が続いているので、やはりマリーヌ・ルペン氏にとって結婚という形にこだわらない方がうまくいくのかもしれません★

 

マリーヌ・ルペンに子供はいる?

マリーヌ・ルペン氏には、1度目の結婚相手のフランク・シャフロイ氏との間に3人の子供(ジョアン、ルイ、マチルダ)がいます。

2014年9月から、ルイ・アリオ氏と3人の子供とともに、ラ・セル=サン=クルという、パリの西に位置する地域に住んでいます。

 

マリーヌ・ルペンの娘も政治家なの?

輝かしい政治成績があるマリーヌ・ルペン氏ですが、自身の父親が政治家だったように、マリーヌ・ルペン氏の子供も政治家なのか気になって調べてみました。

 

マリーヌ・ルペン氏の子供は現在政治家として活動していませんが、姪のマリオン・マレシャル=ル・ペン氏(2番目の姉の子供)が政治家をやっていました!

 

マリオン・マレシャル=ル・ペン氏は、1989年生まれで、18歳で国民戦線に所属しましたが、議員として活動したのは2012年から2017年の5年間だけ。

ホロコーストに関する発言がきっかけで、国民戦線から追放され、現在は政治活動はしていませんが、2022年の大統領選挙では、エリック・ゼムール氏を支持。

ゼムール氏は投票の結果、4位に終わってしまいましたが、決選投票に向けては、マリオン氏はマクロン大統領への投票を呼びかけていますね。

現在は、「ル・ペン」の名前も外して活動していることから、完全にルペン家とは距離を置いている感じ…

ゼムール氏が当選していたら、マリオン氏の政界復帰もあったんでしょうか?

 

まとめ:マリーヌ・ルペンの結婚歴や現在と子供…娘も政治家なの?

マリーヌ・ルペン氏は、過去に2回の結婚と離婚を経験し、現在は、結婚という形にこだわらず、ルイ・アリオ氏をパートナーとして、一緒に過ごしています。

一人目、二人目の夫、そして現在のパートナー、全員が、マリーヌ・ルペン氏が党首を務める国民戦線(現国民連合)の関係者というのはすごいですね!

そうなると、仕事もプライベートもあまり関係がなくなってしまってうまくいかないのかも?

マリーヌ・ルペン氏の子供は現在は政治家ではありませんが、姪のマリオン・マレシャル=ル・ペン氏が過去に国民戦線に所属し活動していたことがあります。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。