高木美帆の咳は病気?【千五咳とは】コーチはコロナ陽性…

高木美帆 咳

2022年北京オリンピックの
スピードスケートで大活躍している
『髙木美帆』選手!

1500m、500m、パシュートで銀メダル、
そして1000mで見事金メダルを獲得しました!

おめでとうございます^^

日本選手団の主将として申し分ない成績
ですよね!

でも、レース後のインタビューのたびに
咳をしている様子が気になりました…

風邪や、何か持病があるのか?

【スポンサードリンク】

 

高木美帆の咳は病気?

 

1500mでは、悔しい銀メダル、
500mでは本職ではない中での見事な銀メダル、
そしてパシュートでは姉の菜那選手の転倒で
悔しい銀メダル…

銀メダルが続いていた中で、世間では
1000mでの金メダルを期待していて
それにしっかりと応える滑り!

本当にかっこいいです!

インタビューもすごくしっかり答えて
27歳とは思えぬ、冷静な対応。

 

しかし、私が気になったのが、パシュートの
予選からインタビューで咳をする姿があったり
銀メダルが決まった直後では、他の選手が答えている間にも
結構ひどい咳をされていたんですよね。

コロナウイルスのこともあるし
かなり心配する声も多いし、
喘息のような咳の感じもあったので
実は持病があるとか?

なんて思っちゃいました。

 

高木美帆の千五咳とは

高木選手の咳は、コロナでも、風邪でも
喘息でもありません!

“千五(せんご)咳”

というものだそうです。

 

3000mのインタビューの時に
記者から咳について質問が出ていました。

それに対して高木選手は

3000メートルが終わった直後は、すごく咳が出やすい体質なので。
強く咳が出る時は自分の中でも体力を絞り出せた、
出し切った時によくあることなので。体調としてはいいんだと思います。
良いレース、出し切れるレースができたんだなと思います

 

このように答えていました。

長距離のレース後にはそういう咳が出るみたいですね。

高木選手は、5種目に出場して、7レース滑っているので
体力的にはかなり限界に達していたようです。

【スポンサードリンク】

 

高木美帆のコーチはコロナ陽性…

髙木美帆選手を始め、スピードスケート女子の
コーチを務めているヨハン・デビットコーチが、

北京オリンピック開幕数日前に
コロナウイルス陽性が確認され、
ホテル隔離を余儀なくされていました。

 

もちろんその間、帯同することができないので
選手も不安な日を過ごしていたことと思います。

 

そういう情報もあったので、
高木選手の咳には敏感に反応していた方も
いらっしゃると思いますが、

コーチも無事に戻ってきましたし
選手を始め、オリンピック関係者は
定期的にPCR検査を受けていますし、
そちらの心配はないと思われます!

 

とにかく高木選手には1秒でも早くゆっくり
休んでほしいですね!

お疲れさまでした^^

 

まとめ:高木美帆の咳は病気?【千五咳とは】コーチはコロナ陽性…

北京オリンピックで4つのメダルを獲得した
髙木美帆選手ですが、
インタビューのたびに咳が出ている様子が気になりました…

風邪引いてるの?喘息?コロナは大丈夫?
と心配の声が上がっていますが
千五咳という、スピードスケートで長距離を滑ったり、
力を出し切った後に出る咳なんだそう。

高木選手にとっては、しっかりと自分の力を出し切った!
という証なんですね!

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。