ネイサンチェンが北京で引退は本当?医者一家で医学部進学も

ネイサンチェン 引退

2022年の北京オリンピック
フィギュアスケート男子シングルで
『ネイサン・チェン』選手が見事金メダルを
獲得しました!

4年前の平昌オリンピックでもメダル獲得が
期待されていた中で、ショートプログラムで17位発進。

しかし、フリーで巻き返し5位入賞を果たしました。

北京オリンピックは“4年前の忘れ物を取りに”金メダル獲得を
目指し、見事実現させたのです。

 

北京オリンピックを観戦する中で、
解説で北京後の動向について話題になっていましたが
北京オリンピックで引退となってしまうのか?

この記事では、

  • ネイサンチェンが北京で引退は本当なの?
  • ネイサンチェンは医者一家で医学部進学?

と言うことをまとめていきます。

ぜひ最後までご覧ください^^

【スポンサードリンク】

 

ネイサンチェンが北京で引退は本当?

 

北京オリンピックでショート、フリート共に
本当に素晴らしい演技を見せてくれた
ネイサンチェン選手。

フリーではオリンピックとは思えないような
観客を沸かせるエンターテイナーな部分も見せ、
盛り上げてくれました☆

 

そんなネイサンチェン選手が演技を終了し、金メダルが確定、
メダリストのセレモニーで解説の方が

「オリンピックは最終目標、ゴールであると口にしていた」

「学業に戻る可能性もある」

とネイサンチェン選手について言っていました。

 

最終目標ということは、
今シーズンで引退の可能性を示唆している
ということですよね?

しかし年齢を考えるとまだ22歳。

フィギュアスケーターとしてはまだまだできる年齢です。
むしろまだまだできるからこそもったいない。

4回転半にはチャレンジしないの?という声も
聞こえてきそうです。

 

アメリカとしても、ネイサンチェン選手が引退してしまうのは
かなり痛手となりそう。

今回はコロナ陽性で欠場となってしまいましたが
ヴィンセント・ジョウ選手がネイサンチェン選手を追いかける
存在ではあるので、頑張ってほしいところですけどね。

 

ネイサンチェンは医学部に進学

ネイサンチェン選手は、2018年からアメリカの
イェール大学に通っているということは有名な話。

そこで学んでいるのは統計学です。

 

統計学を専攻して、同時に医学進学課程(Pre-med)の必須科目も取っていく予定です。
統計学はビジネス、医学、教育などあらゆる方面で広く活用できる学問なので

 

このように話していたネイサンチェン選手。

 

入学当初はスケートとの両立をしていたのですが
北京オリンピック出場、優勝という目標を掲げ、
2021年からは休学していました。

 

オリンピック後は復学し、学位取得、博士研究員(Postdoc)課程を経て、
メディカルスクールへ進む意向を語っている

 

ということがWikipediaにも書かれていたので、
イェール大学には、医学大学院があるため、
そちらへの進学を目指しているのではないか?
と考えられます。

 

3月には世界選手権もあるので、
それが終わってから、進退がわかるのではないでしょうか?

【スポンサードリンク】

ネイサンチェンは医者一家

オリンピックで金メダルを獲得し
現在統計学を学ぶ大学生で、医学の道へ進むことを
示唆しているなんて、

文武両道にも程がありますよね^^;

金メダリストの医者だなんて、天は二物を与えすぎ。
与えるもののレベルが高すぎ(笑)

しかし、学問については、両親の教えのようなものが
あるようです。

現在、ネイサンチェン選手の両親が医者である
という情報はないのですが

父は医学博士号を取得
姉も医大に進学した

とのことなので、優秀な家庭であることに
間違いありません。

 

金メダルを獲るために休学して
きちんと目標を実現して、
きちんと復学するって、

どれだけできた息子なんでしょう…

家族の理解と、ネイサンチェン選手の努力の賜物。

きっと、医学部への進学や医者への道も
実現するに違いありません。

 

引退と聞くと寂しい気持ちもありますが
ネイサンチェン選手がリンク以外でも活躍することが
もう想像できているので、応援したいですね!

 

まとめ:ネイサンチェンが北京で引退は本当?医者一家で医学部進学も

2022年の北京オリンピック、
フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得した
ネイサンチェン選手の今後について、まとめてみました。

  • 北京オリンピックが最終目標である
  • 休学しているイェール大学に、オリンピック後に復学する

このような発言があったことから、
2021-2022シーズンでの引退の可能性あり?

 

ネイサンチェン選手の父は医学博士号を取得、
姉も医学部に進学ということで優秀な家庭であることが
わかりますね。

年齢的にはまだまだフィギュアスケーターとしての
ネイサンチェン選手も見たいですが、
医者になったネイサンチェン選手も楽しみですし
どんな道に進もうと、応援はしていきたいですね。

 

【スポンサードリンク】

1 個のコメント

  • ネイサンのお父様が医師とは限りません。医学博士は他でも取得出来ます。
    又アメリカでは大学はほぼ推薦制で、スポーツ、音楽、勉強、レポート等で進学です。先ずはイェ-ル大学卒業後メディカルスクールへ進学でしょう。
    それからフィギュアをされるのでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。