高梨沙羅のスーツ規定違反はなぜ?抜き打ちで失格【北京オリンピック】

2022年2月4日に開幕した北京オリンピック。
4日目となった2月7日に行われたのは
『スキージャンプ混合団体』です。

オリンピックでは今回からの新競技なので
注目されている競技の一つだったのですが…

日本の高梨沙羅選手が、1回目のジャンプで
失格となってしまったのです!

失格理由のスーツ規定違反とは一体?

【スポンサードリンク】

 

高梨沙羅のスーツ規定違反はなぜ?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Red Bull Japan🇯🇵(@redbulljapan)がシェアした投稿

 

女子ノーマルヒルで惜しくもメダル獲得とは
ならなかった高梨沙羅選手だったので、
どうにか混合団体ではメダルを取らせてあげたい!
と願う世間の声もとても多かったですね。

混合団体の一人目で登場したのが
高梨選手だったのですが、

ジャンプ自体は103メートルの大ジャンプ!

笑顔が印象的だったのですが
何とスーツ規定違反でポイントが0となり失格

日本国民全員が唖然としたことでしょう…

 

高梨選手が号泣している姿も映し出されたため
それにもらい泣きした人も…

 

高梨選手のスーツ規定違反については
スーツの太もも周りが2センチ大きかった
んだそうです…

 

高梨沙羅のスーツ規定違反は抜き打ちで失格

スーツ規定違反というのは、
スキージャンプでは少なくはないこと
なんだそうです。

小林陵侑選手も、今シーズンスーツ規定違反で
失格になっていたこともありますね。

ジャンプのスーツは

「直立姿勢で、スーツ寸法はボディーと一致しなければならず、
最大許容差はスーツのあらゆる部分において、
ボディーに対しプラス1センチ~3センチ
(女子は同2センチ~4センチ)とする」

とされているんだそう。

 

浮力を味方にする競技なので、
少しでも大きいと、空気が入って浮きやすくなるので
かなり厳しく見られるんですね。

 

水の量で変わるとかどれだけシビアなの…
そんな中で戦う選手のメンタルの強さには
本当に脱帽ですね。

ひとまず日本は2回目には進めたということで
メダルの望みは繋いでいます!

 

まとめ:高梨沙羅のスーツ規定違反はなぜ?抜き打ちで失格【北京オリンピック】

2022年2月7日に行われた北京オリンピックの
スキージャンプ混合団体の1回目で
高梨沙羅選手がスーツ規定違反で失格となってしまいました。

スーツのどこかの部分が長かった、大きかったのでは?
と言われています。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。