【介護福祉士国家試験2022(34回)】午後の解答速報と難化・易化情報

介護福祉士国家試験2022 解答速報

2022年1月30日(日)に実施された
『第34回介護福祉士国家試験』

介護福祉士の試験は午前と午後に分けて
一日かけて実施されました。

受験された皆さんお疲れさまでした!

この記事では、

第34回介護福祉士国家試験の午後に行われた
科目の解答速報や、難易度の情報について

まとめていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

【介護福祉士国家試験2022(34回)】午後の解答速報

1月30日に行われた筆記試験では

午前に

①人間の尊厳と自立
②人間関係とコミュニケーション
③社会の理解
④介護の基本
⑤コミュニケーション技術
⑥生活支援技術
⑦介護過程

午後に

⑧発達と老化の理解
⑨認知症の理解
⑩障害の理解
⑪こころとからだのしくみ
⑫医療的ケア
⑬総合問題

に分かれて試験が行われました。

午後の部で出題された⑧の発達と老化の理解から
解答速報をチェックしていきましょう!

 

⑧発達と老化の理解

問69 1
問70 3
問71 5
問72 2
問73 2
問74 1
問75 4
問76 4

 

⑨認知症の理解

問77 3
問78 4
問79 1
問80 5
問81 2
問82 2
問83 4
問84 3
問85 1
問86 2

 

⑩障害の理解

問87 1
問88 1
問89 2
問90 4
問91 4
問92 5
問93 2
問94 5
問95 3
問96 1

 

⑪こころとからだのしくみ

問97 1
問98 1
問99 3
問100 5
問101 1
問102 1
問103 2
問104 3
問105 5
問106 5
問107 5
問108 3

 

⑫医療的ケア

問109 4
問110 3
問111 4
問112 3
問113 2

 

⑬総合問題

問114 5
問115 3
問116 2
問117 4
問118 1
問119 4
問120 3
問121 3
問122 5
問123 2
問124 5
問125 1
【スポンサードリンク】

 

【介護福祉士国家試験2022(34回)】午後の難化・易化情報

午後は、「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」
そして「総合問題」。

午前は介護技術やコミュニケーションなら
実技的な知識が問われる問題でしたが
午後は障害や医療などの幅広い理解が必要な領域です。

比較的、午後の方が難しいと感じる方が
多いかもしれません。

全ての科目において、1点以上得点をしないといけないので
問題数が少ないところはちょっとドキドキ。

 

今回の試験は、午後が特に難しかった
というコメントがSNSで多く見られました。

午前でしっかり点数を取り、
午後は各科目で1点以上の得点をしていればとりあえずOK
というところでしょうか…

 

【介護福祉士国家試験2022(34回)】合格率や平均点

近年の介護福祉士国家試験の合格率は
70%前後で高めです。

毎年平均点が出るのではなく
合格ラインが発表されます。

基準は総得点の60%以上で、
得点にすると75点以上となっていますが

平均点によっては、補正され、
難しければ75点以下、例年より易しければ75点以上
となる感じですね。

 

介護福祉士国家試験2022の午前の解答速報や
難易度はこちらからチェック!

 

【介護福祉士国家試験2022(34回)】午後の解答速報と難化・易化情報まとめ

第34回介護福祉士国家試験が2022年1月30日に
実施された。

午後の科目は、こころとからだのしくみ、医療的ケア、
そして総合問題。

合格ラインは総得点の60%以上、得点にすると75点以上
が基本となっており、平均点によって補正される。

 

【スポンサードリンク】

25 件のコメント

  • 34回介護福祉士国家試験の総合問題について
    総合問題 【総合問題1~4】とありましたが、ここではそれぞれに正解1つでもあれば良いのでしょうか?
    それとも総合問題は総合問題としてひとくくりで正解があれば良いのでしょうか?

    • 森口様

      試験お疲れさまでした!コメントありがとうございます。
      総合問題で1科目となっているので、ひとくくりで正解があれば良いと思います!

  • 午後は特に難しかったです 過去問だけで若いと難しかったですね でも途中退席する人が かなりてみんなできてるんだってちょっと焦ってました

  • 私は31回94点で合格したものですが、31回も難しいと感じましたが、今回の34回の問題はさらに難しいと感じました。現在、わたしは小多機の管理者をしています。某有名サイトで、すでにその日の夜には当日の試験問題が公開されており、その日は夜勤明けでさらに仮眠後に頭が少しボーっとしている21時30分から0時ごろまでの2時間半で解いて見ました。若干、集中力が途切れ、よく考えずに解答した箇所もありましたが、ほぼノー勉で現役の受験生ではないにも関わらず、自己採点の結果85点でした。聞いた事もない専門用語が出たり、特に障がい者に関する問題が多く近年の傾向と比較して難しいと感じました。実際に受験された方、いかがでしたか?

    • 全く関連のない仕事を辞め、実務者研修を半年間受講した後、介護職に就き3年が経ったので受験しました。
      過去5年間の問題を5回以上解き、それとは別に保険と年金の知識も音声で繰り返し聴き流していました。
      2か月前から少しずつ勉強を始めました。結果103問正解でした。
      夜勤明けにサングラスして帰るのは危険過ぎていまだに納得出来てませんが笑

  • 途中退席しましたけど、考えてもわからん!って思って出ました。
    そう言う人多いと思いますよ、午後の難しいなぁ、、、、って思いましたし。。

  • 採点すると69点でした。
    もう、わたしは落ちたと確信しました。
    総合問題1と2で全くひとつもあってなかったので多分もうそれで落ちました。

    • なおたん様
      基本は75点が合格ラインで、年によって難易度が多少前後するので
      75点より下の時もあるし、上の時もあります。今年はどうなるかはまだわかりません。

  • 午前が61点.午後が52点で合計113点でした。毎日少しずつ勉強して、757日目でテストをうけました。時間はかかりましたが嬉しい結果です。

  • 難しく、終わった時は、落ちた…と思いましたが、自己採点すると106点でした!
    びっくり!嬉しい結果でした。
    感で選んだ部分も多かったので、運が良かった…

  • 1問目で心が折れかけ、午後は午前より難しくてそれも心が折れそうでしてが、午前は55点午後は46点とどうにか100点はキープ。
    ずっと逃げていた介護福祉士試験であまり勉強もしなかったのですが経験だけがものを言った感じでした。

  • 86点自己採点でした。大丈夫ですか?午前中解答用紙に名前を書いたかなって不安です。

  • 自己採点で105点でした。
    3ヶ月前からスマホアプリで過去問をほぼパーフェクトまで繰り返しました。
    あとはテキストを読み込みました。
    絶対合格したかったので、ホッとしています。

  • 1年前から通信教育と
    、直前講座も行きました。
    毎日過去問アプリもやって、
    105点。 まぐれで当たった
    問題もあります。
    午前、午後の一問目が難しくて、 焦りました。

  • 自己採点で95点、仕事が激務すぎてノー勉でした。
    ノー勉だと後半が危なっかしくなるな、と不安でいっぱいです。
    まつり縫いとかは全くわかりませんでした。。。

  • 介護福祉士の試験、このまま難易度が上がることを個人的には望みます。
    専門職であり、国家資格取得をした良質な人材は絶対に必要だからです。
    名称独占業務だからこそ、こうした良質な人材は必要。
    指導したり、育成したりといった業務にも携わることがある介護福祉士なので。

    難易度が上がることを不満に感じる人もいるでしが、どんな分野にも専門的知識を持つ選ばれし人材は必要なので、勉強、学ぶことが苦手な方で難易度に不満を感じる方は気質的にも手頃に学び介護福祉士の補助的人あたる民間資格のほうがどちらかというと相応しいと思います。
    合格点も75点ギリギリ取る試験ではなく、85点ほどにもっと上げても良いと思いますね。
    専門職は量よりも質だと思いますので。
    今回自己採点し、120点は取れていましたから余計にそう思いました。
    3年落ちました、と言ってるような人が身近にいたんですが、信じられないですね。勉強していないとしか思えないし、まぐれで受かっても専門職として使えない人材でしょう。

  • こんにちは。
    私は過去問7年分やりましたが34回の試験は過去問以外の問題が多かったかと思いました。
    でも介護福祉士に相応しい問題だと頭を捻りながら考えさせられ読解力である思考力の無さに心を打たれながら一問一問問題を読み返しながら時間に終われ焦りを増す中で午前中の試験が終わりました。

    午後の試験も、かなり難しくて時間が経つのが早く感じられました。

    試験が終わり自宅で振り返り最初から問題を解くと時間に焦りがない分、深く考えると、なるほどと理解が出来る問題でした。

    でも文章問題が多かったので読んで理解を求めるって感じの試験だったようなきがしました。

    試験場での自己採点は76点でしたが自宅で振り返り試験をやって再度自己採点したら85点でした。

  • 私は、障害者施設の管理者をしています。現在65才で、3月で定年です。相談業務をやりたくて、通信で社会福祉士の受験資格を得て、昨年、社会福祉士を受験しましたが、5点足りなくて落ちました。通信の課題が大変で、まともに過去問などができなかったので、試験対策が万全ではなかったと思います。今年の介護福祉士の試験は、徹底的にスマホで過去問を解いて対策しました。試験勉強らしいことができたと実感しています。確かに試験問題は難しく、過去問があまり役にたたず、2択までは絞れたものの、最終的に選択した答えがことごとくはずれていましたが、自己採点では106点でした。2択で迷ったという点で、現場での判断においても今後勉強すべき視点が見えてきたと思います。今年受験して本当に良かったと思います。来年は、余裕を持って、社会福祉士にチャレンジしようと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。