平野歩夢のコーチは父親?【国母和弘はどうなった?】

平野歩夢 コーチ

2022年2月に開催される北京オリンピック
スノーボード・ハーフパイプの日本代表
『平野歩夢』選手。

2021年の東京オリンピックでは
スケートボードで日本代表に選出され
二刀流を披露。

スノーボードでは金メダルを目指します!

今回は平野歩夢選手のコーチについて
気になることをまとめていきます。

【スポンサードリンク】

 

平野歩夢のコーチは父親なの?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿

 

平野歩夢選手は
1998年11月29日生まれの
現在23歳。

2014年ソチ、2018年平昌五輪で銀メダル
を獲得し、もちろん次に狙うは金メダル!

平昌五輪で金メダルを獲得した
アメリカのショーンホワイト選手との
激闘も印象的だったため、

海外でも平野歩夢選手の名前は十分に
知れ渡っていますね。

 

そんな平野選手は新潟県に生まれ。

お兄さんの英樹(えいじゅ)さん、
弟の海祝(かいしゅう)さんと共に
スノーボードでオリンピックを目指してきました。

お父さんの英功(ひでのり)さん
元サーファーでオフシーズンの練習の一環として
スケートボードに着目。

スケートボードパークを新設したのです。

平野選手は、4歳から
スケートボードとスノーボードに夢中になりました。

その時、指導をしていたのがお父さん。

お父さんってサーファーでしょ?
と思うんですが、おそらくお父さんは
スケートボードもスノーボードも独学だったんでしょう。

アスリートの親がコーチで、でも親は未経験
というパターンって結構多いんですよね?

技術的な面を教えることはもちろんですが
精神面を教える指導の方がメインだったりするのかな?
といつも感じます。

 

お父さんは
日本スケートボーディング連盟副理事
ワールドスケートジャパン理事
全日本スキー連盟役員
なども務め、

指導者としては第一学院高等学校という
通信制の学校でスノーボード部を教えたりも
しています。

 

平野歩夢の現在のコーチは?

ある程度世界を目指せるレベルになると
コーチだった親元を離れていくアスリートも
多くいます。

平野選手も現在は別のコーチについている
と思われます。

特定のコーチがいるのかは不明。

ですが、スノーボード日本代表全体の
コーチを務めるのは治部忠重コーチです。

トリノからのオリンピックで
ナショナルチームのコーチを務めています。

治部コーチ自身の現役時代はどんな選手だったのか?
を調べてみましたが、成績や経歴といったところは
出てきませんでした。

ただ、長野オリンピックを目指していた時代の選手で
残念ながら、選手としてオリンピック出場は叶わなかった
ようです。

 

北京オリンピックの日本代表チームのコーチには
治部コーチが招集した、村上大輔コーチや青野令コーチ
も帯同します!

 

平野歩夢の元コーチ・国母和弘はどうなった?

平野歩夢選手のコーチだった方
として有名なのが国母和宏さん。

コーチとしてよりも、現役時代の
騒動の印象が強い方の方が多いですよね^^;

国母さんはバンクーバーオリンピックの代表選手で
日本選手団公式ユニフォームを着崩し、腰パン、
緩めたネクタイ、ブレザーの前を開けっ放し、
シャツの裾出し…というスタイルで批判を受けました。

 

服装に関する抗議が殺到し、その後の会見では
「反省してまーす」と全然反省していない様子が見られ…

大きな騒動となり、今でも語り継がれているのです(笑)

 

そんな国母さんは平野選手が中学生の頃に
コーチを務めていました。

ソチオリンピックにもコーチとして帯同し
平野選手の銀メダル、平岡卓選手の銅メダルにも
大きく貢献した1人だと言われています。

態度は世間からは良く思われていないですが
スノーボードの技術、実績としては申し分ない
と言えますね。

 

しかし、2019年11月にアメリカからの大麻密輸で
大麻取締法違反容疑で逮捕されたことも。

長い間アメリカで生活していた国母さんですが
現在は長野県で家族と一緒に暮らしているそうです。

現在はアパレル業で生計を立てているという話も。

本格的に指導者としての人生もあったと思うので
少し残念な気もしちゃいますね…

 

平野歩夢選手の兄・英樹さんの経歴や現在については
こちらの記事をご覧ください☆

 

平野歩夢選手、海祝選手のパフォーマンスの
見逃し配信視聴方法はこちらから!

 

スノーボードを牽引してきたショーンホワイト選手の今後は?

 

平野歩夢のコーチは父親?【国母和弘はどうなった?】

北京オリンピックスノーボードの日本代表、
平野歩夢選手は、幼少期は父親にスケートボード、
スノーボードの指導を受けていた。

中学生時代には、腰パン騒動で話題になった
国母和宏さんがコーチだったことも。

国母さんは平野選手のソチ五輪銀メダルに
大きく貢献したと評価されていた。

現在、平野選手が特定のコーチについているか
というのは不明だが、北京オリンピックの
ナショナルチームのコーチとして
治部忠重コーチ、村上大輔コーチ、青野令コーチが帯同する。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。