東京ラブストーリー2020|挿入歌(男性洋楽)の歌手をAmazonでチェック!

1991年にフジテレビで放送されていた
『東京ラブストーリー』が2020年に
リメイク版として、FODプレミアムと
Amazonプライムビデオで配信されました。

それが2021年10月には関東ローカルで
地上波放送も。

 

スマホやSNSといった現代の要素を
取り入れて繰り広げられるラブストーリーで
1991年のものとはまた違った作品として
楽しむこともできると思います。

今回気になったのは、リメイク版の
東京ラブストーリーで使われている
挿入歌について。

女性ボーカルと男性ボーカルの
洋楽が気になります!

【スポンサードリンク】

 

東京ラブストーリー2020|挿入歌の歌手は?

東京ラブストーリー2020の主題歌は
Vaundyの“灯火”。

こちらはエンディングで流れますが
東京の夜景がすごく印象的ですよね。

 

そのカッコ良さとはまた違って
挿入歌は、ゆったりと、THE 良い曲
って感じ?(笑)

 

男性:Let’s Go Far Away / Alp-in

 

個人的にはこちらの男性ボーカルの
挿入歌がすごく好きで!

調べてみるとAlp-inという歌手でした。

 

本名はAlexey Pshenichkinで
ロシアの方ですね。

この曲自体は2019年にリリースされたもので、
東京ラブストーリーのために書き下ろされた
とかではないのですが、

何となくリカのシーンで流れるイメージが
あるので、リカを重ねた楽曲なのかも
しれません。

 

女性:I Found Myself / ZEFEAR × Teya Flow

 

ウクライナの作曲家であるZEFEARさんが
同じくウクライナの歌手・Teya Flowさんとの
コラボで作られた楽曲ですね。

 

ちょっとハスキーな感じの
歌声が印象的で、単純なピアノの伴奏から
ストリングスなどが入ってきて、
どんどん音楽が広がっていく感じが
すごく気持ちが良いです♪

 

東京ラブストーリー2020|挿入歌をAmazonミュージックで聴き放題!

東京ラブストーリーはAmazonプライムビデオ
で配信されていますが、
Amazonプライムに登録していると
Amazonミュージックも利用することができます!

Amazonプライム自体は月額500円(税込)で
利用できるサービスで、初回登録であれば
30日間のお試し利用をすることができるんです^^

\新規登録で30日間無料!/

 

東京ラブストーリーの主題歌である
Vaundyの灯火と
挿入歌のI Found Myselfは
プライムミュージックで視聴可能♪

 

Let’s Go Far Awayは
Amazonミュージックのアップグレード版(?)
Amazon Music UNLIMITEDへの登録が
必要となります。

ちょうど!2022年1月10日までは
UNLIMITEDが3ヶ月無料で利用できるので
気になった方はこちらから登録してみてください^^

 

\お試し期間が今だけ1ヶ月→3ヶ月無料に!/

 

無料期間内に解約すれば一切料金はかからないので
たくさんの音楽を3ヶ月間完全無料で楽しむことが
できますよ^^

 

 

東京ラブストーリー2020|挿入歌の歌手まとめ

リメイク版の東京ラブストーリーの挿入歌
になっているのは

Alp-inのLet’s Go Far Away
ZEFEAR × Teya FlowのI Found Myself

の2曲。

Amazon Music UNLIMITEDで
聴き放題で楽しめる♪

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です