坂本紫穂の和菓子の販売店は源吉兆庵!ネット通販情報も

和菓子作家という肩書きで活動している
『坂本紫穗』さん。

大学卒業後にIT企業に就職しましたが、
和菓子の夢を見たことをきっかけに
和菓子の道に進むことを決めた異色の経歴を
持っています。

作品を見れば本当に美しい。
食べるのがもったいないほどの美しい和菓子は
一体どこで購入できるのか?いただけるのか?

ということが気になったので
調べてみました^^

【スポンサードリンク】

 

坂本紫穂の和菓子の販売店はどこ?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

情熱大陸 公式アカウント(@jounetsu_tairiku)がシェアした投稿

 

和菓子職人ではなく、和菓子作家の
坂本紫穂さんは、“紫をん”という名前で
活動しています。

坂本さんは「和菓子の魅力を伝えたい」
という想いを持って活動しており、
主な活躍の場は

映像や音楽とタイアップして和菓子の制作
ホテルや商業施設の’和のデザート’の開発
東京を中心に和菓子教室やワークショップなどのイベント
1年に数回の海外の仕事

 

坂本さんが大事にしている「伝える」
という想いが、幅広い活動に繋がっているんですね。

 

和菓子職人ではないからなのか?
坂本さんはご自身の店舗を持っている
わけではありません。

坂本さんの和菓子を簡単には食べさせては
くれないのでしょうか(笑)

確かに、坂本さんの和菓子は
食べるものというよりも作品感が強い。

もちろん、坂本さん自身は食べることを
目的として作られているはずですが
ただただ美しく、食べるのがもったいない
くらいの芸術作品ですよね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

和菓 紫をん(Shiwon)(@shiwon.wagashi)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

和菓 紫をん(Shiwon)(@shiwon.wagashi)がシェアした投稿

 

食べなくて良いから、展示しておいて欲しい
とも思ってしまいます(笑)

最後には味を楽しむものですが、

どんな食材で作られているのか?
どんな味がするのか?
全体を通して何を表現しようとしているのか?

色々なことを考えながら、和菓子と素敵な時間を
過ごせそうですよね♪

何か特別な時にでもいただきたいです。

 

坂本紫穂と源吉兆庵のコラボがすごい!

坂本さんはお店を持たれていませんが、
大手和菓子メーカー“宗家 源吉兆庵”
コラボ和菓子をこれまでにたくさん
作られています。

9月30日まではこちら。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

THE HOUSE K.MINAMOTO(@the_house_k.minamoto)がシェアした投稿

 

宗家源吉兆庵プロデュースの
“カフェレストラン K.MINAMOTO”
でいただくことができます。

カフェレストラン K.MINAMOTO店舗情報

東京都中央区銀座6丁目9-8
営業時間 平日:11:30~20:00 (L.O 19:00)
土・日・祝:11:30~19:00 (L.O 18:00)
定休日 月曜日

 

これまでも季節ごとにコラボメニューを
開発されているので、今後も坂本さんの
和菓子をいただける機会はたくさんありそうです!

 

坂本紫穂の和菓子のネット通販情報!

源吉兆庵では、カフェメニュー以外にも
季節限定の和菓子の販売も行っています。

例えばバレンタインの時期にはこんなものが!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

和菓 紫をん(Shiwon)(@shiwon.wagashi)がシェアした投稿

一見ショコラのようにも見えますが、
チョコレートの中に入っているのは
赤ワインの錦玉羹(きんぎょくかん)。

錦玉羹は羊羹から餡を抜いたものの
イメージでしょうか。

洋風かと思いきやしっかり和菓子。

全国の源吉兆庵の店舗とオンラインショップ
でも販売されていたということなので、
今後も何かイベントごとなどで
坂本さんとのコラボ商品が販売される可能性は
ありますね^^

 

\源吉兆庵はギフトにもピッタリ!/

 

 

坂本紫穂の和菓子の販売店とネット通販情報まとめ

坂本紫穂さんは、映像と音楽のタイアップで和菓子を
制作したり、ホテルやその他施設などで出されるデザートの
開発などで、和菓子の魅力を広める和菓子作家。

自身では店舗を持たず、
現在一般的に坂本さんの和菓子を食べられるのは
源吉兆庵とのコラボ商品やカフェメニュー。

季節のイベントごとに今後も坂本さんとの
コラボ商品を購入できる機会はあるかも?

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です