【2021最新】冷凍フライドポテト(コンビニ)比較【味・価格・カロリー】

コンビニ 冷凍フライドポテト 比較

コンビニの冷凍食品がすごい!

 

何となく興味本位でコンビニの
冷凍食品を買って食べたみたところ
クオリティの高さに驚きました!

 

あなどれん!使える!
ということで、今回は大手コンビニ3社、
ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート
の『冷凍フライドポテト』の食べ比べを
してみました♪

 

各コンビニの冷凍フライドポテトの
価格カロリー、そして実際に食べてみた
感想をまとめていきたいと思います!

 

では、いってみましょう〜^^

 

【2021最新】冷凍フライドポテト(コンビニ)比較!

たまにあるんです。
無性にポテトを食べたくなることが。

 

大手ファーストフード店
Mドナルドさんなら
手軽にいつでも食べられるのですが

個人的にちょっと苦手なMドナルドの
ポテト…

 

吹き出し
may-ko

世間一般ならみんな大好きかもしれないのですが、
私はどうも、独特な匂いがちょっと苦手なのです…

 

そこで、コンビニならファーストフード店と
同じように手軽に購入できるのでは?
と思い、それぞれのコンビニの冷凍フライドポテト
を購入して食べ比べをしてみました!

 

まずは比較表から〜

コンビニ名 商品名 価格(税込) 内容量 カロリー
ローソン 北海道産じゃがいも使用
フライドポテト
138円 100g 143kcal
セブンイレブン 自然な味わい
フライドポテト
138円 100g 243kcal
ファミリーマート 北海道産じゃがいもの
フライドポテト
138円 100g 267kcal

 

3社とも、価格も内容量も同じ!

 

ただ、カロリーに結構違いが
出ていますね?

 

コンビニごとに詳しく味の感想や
調理方法もチェックしていきましょう〜

 

ローソン 北海道産じゃがいも使用フライドポテト

ローソン フライドポテト 口コミ

ローソンのフライドポテトは
パッケージの写真の通り、
太めにカットしているのが特徴です。

 

ポテトの形状も好みがあるので
そういうところで選ぶのもアリですね♪

 

★調理方法★

凍ったままの商品を電子レンジで加熱する

500Wで2分30秒
600Wで2分10秒
1500Wで50秒

※パッケージの裏面を上にして電子レンジに入れる

 

ローソンのパッケージは自然と
蒸気が抜けるようになっているので
あらかじめ袋を少し破る必要はありません。

 

中身はこんな感じ。

ローソン フライドポテト 口コミ

袋から出してみると
結構蒸気の加減でしっとりしている感じ
がありますね。

 

食べた感じはホクホク感がある
かな、と。

 

太めにカットしているので
食べ応えはかなりありますね!

 

じゃがいもの味もしっかりするので
普通においしいと感じました♪

 

北海道産のじゃがいもを使っていて
製造も北海道なので、その点でも
安心ですよね!

 

原材料は
じゃがいも、食塩、揚げ油(パーム油)
となっています。

 

ローソンのフライドポテトには
あらかじめ塩が入っています。

 

なので、軽く塩味が付いていました!

 

私は濃い味が好きではないので
塩加減はちょうど良かったのですが
もしかしたら物足りないという方も
多いかもしれません。

 

そういう時はお好みで塩加減を
調節したら良いかなと思います!

 

ローソンアプリを持っていると
冷凍食品20円引きのクーポンなどがあるので
それでお得に購入できるのも嬉しいですね♪

 

感想まとめ
・レンジ加熱時に袋に切り込みを入れる必要なし
・じゃがいもが太めにカットされているのでホクホク感を味わえる
・あらかじめ軽く塩味が付いている
・国内製造で食品添加物も入っていないので安心

 

セブンイレブン 自然な味わいフライドポテト

セブンイレブン フライドポテト 口コミ

セブンイレブンのフライドポテトは
ローソンに比べると細めのカットで
Mドナルドと同じような形状でしょうか?

 

 

★調理方法★

・袋の右上の点線に沿って切り込みを入れ、
袋のまま電子レンジで加熱する

500Wで3分30秒
600Wで3分

・加熱できたら、切り込みを入れた部分から塩を振りかける
・切り込み部分を手でつまんで袋を閉じ、10回ほど振り混ぜる

 

 

塩を入れて振り混ぜてから
2分ほど冷ますとさらにおいしくなる
とのことです☆

 

セブンイレブンは、自分で塩を入れる
パターンなんですね!

 

私は混ぜるのが足りなかったのか、
塩味が濃くなったり、薄かったり
というところがあったので、
しっかり混ぜてくださいね(笑)

 

個人的にはセブンイレブンの
フライドポテトは食感に
パサつきがあるところが気になりました。

セブンイレブン フライドポテト 口コミ

ホクホクしている感じもないし
カリっとした感じもないし、
ボソボソするというか。

 

これならMドナルドの方が
良いかなと思いましたね。

 

私の加熱が悪かったのか、
あまりおいしくないと思ってしまったのですが

SNSではもちろん、ローソンよりも
セブンの方がおいしいという意見も
ありました!

 

多いのは、
ホクホク系が好きならローソン
カリカリ系が好きならセブン
という意見でした!

 

原材料を見てみると

じゃがいも、植物油脂、
ぶどう糖/ピロリン酸Na、(一部に小麦を含む)

となっています。

 

この中で気になるのが
ピロリン酸Naでしょうか。

 

これはMドナルドのポテトにも
入っていると言われている
食品添加物です。

 

冷凍した際の色の変色を
防ぐもの。

 

ローソンのフライドポテトが
シンプルな原材料だっただけに
セブンイレブンの方はちょっと
気になっちゃいますね。

 

むしろ、ローソンが本当に
そんなに安全な原材料しか
入っていないのか?
とちょっと疑ってしまったり(笑)

 

ちなみに、セブンイレブンの
フライドポテトの原産国はドイツ
でした!

 

感想まとめ
・レンジ加熱後に袋の中に塩を入れ、振り混ぜる
・ボソボソ、モソモソ?パサつきが気になる食感
・口コミでは、カリカリ系が好きな人から人気
・原産国はドイツ
・食品添加物が入っている

 

ファミリーマート 北海道産じゃがいものフライドポテト

ファミマ フライドポテト 口コミ

ファミマは、プライベートブランドの
お母さん食堂から冷凍フライドポテト
が販売されています。

 

 

★調理方法★

・袋の右上の点線に沿って切り込みを入れ、
袋のまま電子レンジで加熱する
※パッケージの裏面を上にして電子レンジに入れる

500Wで2分40秒
600Wで2分20秒

 

 

ポテトの太さは、
ローソンのように太いのもあれば、
セブンのようにカリっとしそうな
細いものもある
という感じです。

ファミマ フライトポテト 口コミ

私が食べてすぐに気になったのは
味でした。

 

これは、じゃがいもだけの味じゃない、
味付けがしてある?
と思って、パッケージの原材料を見てみると

じゃがいも(北海道)、植物油脂、粉末状植物性たん白、
食塩、でん粉、乾燥卵白/加工でん粉、増粘剤(キサンタンガム)、
乳化剤、(一部に卵・大豆を含む)

と色々入っていました〜

 

食品添加物とされるのは、
加工でん粉、増粘剤、乳化剤
ですね。

 

加工でん粉と増粘剤は、
食品に粘りやとろみをつけて
食品の食感やのどごしをよくする役割
があります。

 

乳化剤は水と油など混ざりにくいものを
均一に混ざりやすくするために使われます。

 

今回は、比較するために迷わず購入
しましたが、普段原材料をチェックして
いたら、多分買わなかっただろうな〜
と思います^^;

 

ローソン、セブン、ファミマ
の順で食べたからか、
ファミマのちょっと違う味には
すごく敏感になっていた感じもあるかな…

 

でも、冷凍フライドポテトなんて
どこも同じだろうと思っていたので
原材料で味が違うのか、というのが
わかったのがおもしろかったですね!

 

感想まとめ
・ポテトの太さは太いものや細いものが
混ざってある感じ(太目が多い)
・SNSではホクホク感が人気!
・じゃがいもや塩味以外の味がする?
・食品添加物が入っている
・製造は北海道

 

【2021最新】冷凍フライドポテト(コンビニ)比較まとめ

ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートの
冷凍フライドポテトを食べ比べしてみました。

個人的な好みとしては、断然ローソン。
国産じゃがいも、国内生産、原材料もシンプル。
太めのカットでホクホク感が味わえる。

ローソンとファミマはホクホク感、
セブンはカリカリ感が好きな人におすすめ!

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です